UA-83973808-1

まいにちけんさく

日々ためになる情報を

ホーム » 健康管理 » 風邪予防に鼻うがい痛くない!経済的!な方法をご紹介【体験談】

風邪予防に鼻うがい痛くない!経済的!な方法をご紹介【体験談】

目安時間約 5分

風邪の予防には、手洗い・うがいですね。

特に、風やインフルエンザが流行る冬場は、帰宅するとすぐに手洗い・うがいをしますよね。

では、手洗い・うがいだけで、果たして予防効果はあるのでしょうか?

帰宅すると必ず、手洗い・うがいはしているけど、毎年風邪をひいてしまう。

電車などは必ずマスクをしているけど、心配だ。

そんな方もいらっしゃると思います。

今回はうがいはうがいでも、風邪の予防効果バツグンの

「鼻うがい」

について、私の体験談からおすすめの方法をご紹介します。

スポンサードリンク

風邪予防に鼻うがい 効果ある?

か~な~り、効果あります!

これは、断言できます!

私個人も、鼻うがいを毎年冬場の日課にしてから、風邪をひいていません。

本来、人間は咽も鼻も繋がっていますから、本当は咽のうがいだけではなく、鼻のうがいも必要なのです

あまりにもおすすめなので、職場の同僚にもすすめています。

皆、初めは半信半疑ですが、私がやっている方法であれば、痛みは全くなし

しかも、鼻全体から咽までまとめてスッキリするので、とても評判が良いです。

この方法を覚えると、皆、毎年やるようになっています。

では次から、痛くない鼻うがいの方法についてご紹介していきます。

風邪予防に鼻うがい 痛くない方法

「鼻うがい」ですから、もちろん鼻を水で洗う行為です。

でも鼻を水で洗うというだけで、恐怖を感じる人はたくさんいます。

子供の頃のプールで・・・鼻に水が入った経験は誰でもあると思います。

ホント~に痛いですよね(>_<)

誰でも記憶にある痛みです。

ではあの痛みを軽減させるにどうすれば良いのでしょうか・・・

簡単です。

「温かい塩水」で洗うのです

な~んだ。そんなこと?

と、思われたそこのあなた。

 

そうです、たったこれだけのことで、あの恐怖の痛みは、なくなるのです!

スポンサードリンク

ただし、温かいというのがポイントで、人によってそれぞれ感じ方は違います。

 

個人的には、ぬるま湯といわれるくらいの温度です。

塩分は、ちょっと濃いめが良いです。

咽のうがいにも塩水を利用する方は多いかと思いますが、咽のうがい用よりも少し濃いめがおすすめです。

 

これも人それぞれ感じ方は違いますので、ご自身のちょうど良い温度と塩加減を探ってみてください。

鼻うがい 実践!

では実践です!

歯磨きに使用するような洗面にあるコップでも、何でも良いですが、先程作った塩温水を、コップになみなみに入れます。

1:片方の鼻を指で押さえて塞ぎます。

2:なみなみのコップをもう片方の鼻の穴の下にもっていきます。

3:その鼻から塩温水をすすります。

始めは、とても怖いと思いますので、少しで大丈夫です

4:直ぐに同じ鼻から出します。

5:これを3回程繰り返します。

6:1~5をもう片方の鼻でも行います。

もし、少しすすった時に鼻が痛かったら、水の温度や塩分を調節してください。

この方法が上手に出来るようになったら、次はいよいよ

鼻からすすった水を口から出します!

鼻から出すのに慣れるのが、毎日行って2週間くらいです。

鼻からすする恐怖に慣れたら、もう少しすする勢いを強くします。

そうすると、自然に水は口から出るようになります。

これも2週間くらいで慣れます。

まとめ

いかがでしたか?

今まで、聞いたことはあってもなかなか実践する勇気がなかったのではないでしょうか?

最近は、薬局に市販の「鼻うがい」の器具が売っていますが、専用の物を揃えると費用もかかります。

うがいは毎日の事ですし、出来れば経済的にも負担にならないほうが良いですよね。

この「鼻うがい」を自分のものに出来れば、風邪もインフルエンザも、また春になって花粉の時期も、怖いものなしです!

この冬~春にかけては、是非「鼻うがい」を習得して、健康管理に努めましょう!

スポンサードリンク
  - 健康管理

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
人気記事一覧
最近のコメント
カテゴリー
メタ情報