UA-83973808-1

まいにちけんさく

日々ためになる情報を

ホーム » 冬イベント » クリスマスのディナー 食事中のテーブルマナー女性編

クリスマスのディナー 食事中のテーブルマナー女性編

目安時間約 7分

年末最大のイベントは、やはりクリスマスですね。

クリスマスは、いつもよりオシャレをしてレストランでディナーという方も多いでしょう。

普段あまり利用しないようなレストランでの食事は緊張しますよね。

クリスマスはやはりフレンチやイタリアンなどの洋食レストランで予約することが多いと思います。

基本的に洋食のレストランは、女性優先です。

ですから、女性は男性のエスコートに任せていてOKです。

しかし、基本的なマナーはしっかり身に着けておきたいですね。

今回は、食事中に押さえておきたいテーブルマナーについてご紹介します。

スポンサードリンク
  

クリスマスのディナー 食事中

レストランに入店してから、席に着きます。

着席してから食事中のマナーを順に紹介します。

食前酒を頼んだら乾杯をしますね。

この時、お互いのグラスを当ててはいけません

それなりのレストランは薄いグラスを使っており、お互いのグラスを当ててしまうと傷がついてしまします。

音を立ててしまうのもNGです。

食前酒の後、お料理が運ばれてきます。

ここでは、ナフキンを膝にかけます。

この時にナフキンは、広げてから自分の手前側を少し折ります。手前に5cm程下向きに折り返します。

この折り返しの理由は・・・

折り返した内側で、口を拭くためです。

食事中は、常に折り返した内側で口を拭き、それを見えないように折っているのです。

料理を食べて、そのままグラスに口を付けてはいけません。

必ず、口を拭ってから、飲み物を飲みます。
そうすると、食事が終わるまでグラスは綺麗な状態で保てるのです。

そして、グラスも必ず1カ所だけ口を付けます。
グラスの何カ所かに口の後(口紅の後など)が残るのは美しくないですよね。

このグラスの綺麗さは、とても重要です。

食事中のナイフフォークの使い方は、若い方ならそれほど苦手な方はいないと思います。

食事中なら「ハの字」にしておき、食事が終わったら揃えます。

右利きなら、時計で表現すると「4時20分」くらいです。

洋食ならばパンが出てきます。

最近は、パンにバターを塗ってかじりつくような女性もいないと思いますが、パンの食べ方は、その人の習慣が出てしまいます。

家で食パンを食べるようにしてはいけません。

出てきたパンは、必ず一口大に手でちぎってから食べましょう。

また、バターを塗り過ぎないように。

出来ればお皿に残ったソースを付けて食べるくらいがちょうど良いでしょう。

食事中にお手洗いに立つときはナフキンを椅子に置きます。

スポンサードリンク

テーブルにおいてはいけません。

テーブルにナフキンを置くのは、全ての食事が終わった後です。

また全ての食事が終わった後は、ナフキンを綺麗にたたまないほうが良しとされています

食事が美味しかった証拠なのです。

しかし、あまりくしゃくしゃでも、美しくありませんので、少しまとめるくらいで良いでしょう。

クリスマスのディナー テーブルマナー女性編

食事のマナーとは別に、女性が美しく見えるテーブルマナーをご紹介します。

まず姿勢です。

食事中は、その人の日頃の習慣が出てしまいます。

普段自分がどんな姿勢で食事をしているのか、客観的に見たことがある人は少ないと思います。

どんなにきれいな女性がきれいに着飾っていても・・・

食事する姿が美しくないと、一気に女性としての魅力も半減してしまうのです。

座った時の姿勢。

そしてナイフフォークを口元へ運ぶ時の姿勢です。

猫背にならないように、口をお皿へ近づけ過ぎないようにしましょう。

そして意外と気が付かないのが足元です。

レストランでのディナーは最低でも2時間はかかります。

その間、足を組まずに揃えていられる方は少ないです。

足を組むというのは片方の腿を腿の上に乗せるという、完全に足を組んだ状態ではなく、すこしでも足首を交差させている状態です。

足を組んでしまうと、姿勢が崩れて美しくありません。

逆に言えば、足元まで気を使える女性はそれだけで姿勢も美しいのです

食事中にトイレに行く場合のナフキンについてお話ししましたが、基本的に食事中にはトイレに立たないほうが良いでしょう

そのためには、あまり露出の高い服装で体を冷やさないように。

どうしてもクリスマスのディナーでオシャレをして、露出が多くなる人がいます。しかし、2時間以上のディナーで体が冷えてしまっては、食事も楽しめません。

特に足元はあまり冷やさないように工夫しましょう。

そして食後の飲み物が出終わったら、化粧室へ立ちましょう。

その間に、彼が支払いを済ませてくれるはずです。
彼にその時間を作ることも、女性の役割のひとつです。

あまり早く席に戻り過ぎないようにしましょうね(笑)

まとめ

いかがでしたか?

いろいろと制約が多くて、疲れてしまうかもしれませんね。

食事というのは、その人の日常を驚くほど出してしまうのです。

普段出来ないことは、突然やろうとしても出来ません。

これを機に、普段から食事中の姿勢や食べ方に気を付けて、素敵な女性になりたいですね。

そして素敵なクリスマスを!

スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
人気記事一覧
最近のコメント
カテゴリー
メタ情報