UA-83973808-1

まいにちけんさく

日々ためになる情報を

ホーム » 冠婚葬祭 » 葬式香典の金額の相場と香典袋の書き方渡し方やマナー

葬式香典の金額の相場と香典袋の書き方渡し方やマナー

目安時間約 6分

冠婚葬祭のなかでも、通夜や葬儀は突然です。 
慶事であれば、招待されてから時間がありますので、いろいろと準備をすることが出来ますよね。

通夜や葬儀は時間の余裕がありません。礼服はもちろん、香典やその他の持ち物など、慌てないように、ある程度日頃から準備しておくことが重要です。

今回は「香典」についてです。

香典は、線香や花の代わりに霊前に供えるもので、現金を不祝儀用の水引を結んだ袋に包んだものをさします。

また、香典には葬儀という突然の出費に対してお互いに助け合うという意味もあります。

スポンサードリンク
  

葬式 香典の金額の相場

昔は各自がお香を持参して仏さまにたむけていたものが、今はお香料をお香典という形で包むようになりました。

香典の金額は、血のつながりの濃いほど高額になりますが、亡くなった方が親族でなく、会社の上司や同僚、隣人・友人などは3干円~5千円位が多いようです。

30代~40代が参列する際の相場です。

・親戚    3千円~2万円
・叔父・叔母 1万円~3万円
・友人・知人 3千円~1万円
・仕事関係  3千円~1万円

新札の使用は避けましょう。新札しかない場合は、折り目をつけます。

また「4」や「9」など「死」や「苦」をイメージする数字は避けます。

葬式 香典袋の書き方

市販の香典袋は、「御仏前」「御霊前」などの種類があります。

香典袋の表書きは、故人の宗旨に合ったものにします。

わからないときは「御霊前」なら、どの宗旨にも用いられますので無難です。

ただし「御霊前」でも、蓮の花模様は仏式に用いるものなので、それ以外は無地を選びます。

水引は「黒と白」「銀と白」が一般的です。

表書きは「御霊前」が最も多く、「御香料」「御香典」もあります。

ただし浄土真宗は「お仏前」と書きます。

名前の書き方

香典袋の水引の下、中央に自分の名前をフルネームで書きます。

香典袋に書く名前はできれば薄墨の筆で書きます。

弔事用として、薄墨の筆ペンも売られていますので一本用意しておきましょう。

薄墨の筆ペンが無ければ普通の筆ペンで書いてもマナー違反ではありません。

因みに、なぜ薄墨で書くかというと・・・

昔は筆ペンなどなかったため、すずりで墨をすって筆で書いていましたよね。

訃報を聞いて香典袋を用意する際に、「すずりに涙が落ちて薄まった」
「急な事で墨をする暇もなかった」という意味合いがあるそうです。

スポンサードリンク

夫婦連名の場合

通常は夫の名前のみで良いのですが、夫婦揃ってお葬式に参列する場合、

夫婦ともに故人と特に親しかった場合などは、夫婦連名で書く場合もあります。

グループ連名の場合

連名で香典を出す場合は、3名までは右側に目上の人の名前がくるようにして

中央から順に全員の名前を書きます。

4名以上の連名で出す場合は、「○○一同」と書くか、代表者の名前を書いて左下に小さく「外一同」と書きます。

そして、それとは別に全員の住所・氏名、入れた金額を書いた別紙を用意してお金と一緒に中袋に入れます。

中袋の書き方

中包みの表に金額、裏に住所氏名を書いておくと、後で葬家の方がお香典の整理をし易くなります。

金額は「一・ニ・三」ではなく「壱・弐・参」と書きます。

葬式 香典の渡し方やマナー

基本的には、初めて弔問したときに出します。

一般的には通夜に持参しますが、通夜に弔問しない人、都合で弔問できなかった人は、葬儀、告別式のときに持参します。

取りあえず駆けつけた席で香典を出すのは、手回しがよすぎて喪家に不快感を与えます

また取り込みの最中で、香典が紛失することもあり、あとで双方の行き違いで気まずい思いをすることにもなりますので、改めて通夜に持参するようにします。

お香典は「袱紗(ふくさ)」に包んで持参します

むきだしのままの香典袋を出したり、買ったときのビニ一ル袋に入れたままはNGです。

折り目や汚れのつかないように「ふくさ」に包んで持参しましょう。

香典の出し方

ふくさに包んだお香典を取り出し、たたんだふくさの上に置きます。

受付の人に表書きが読める向きにして差し出します。

「このたびはご愁傷さまでございます」とお悔やみの挨拶をしながら、一礼します。

「御霊前にお供えください」と一言添えてお香典を受付の人に渡します。

記帳してから一礼します。

郵送する場合

事情があって通夜・葬儀ともに出席出来ない場合には、現金書留でお香典を郵送してもかまいません。

ただし現金をそのまま入れるのではなく、香典袋に現金を入れてそれを現金書留の封筒に入れ、出席できない理由と故人に対するお悔やみを書いた手紙を同封するようにします。

まとめ

訃報は、遺族だけでなく、参列者にとっても突然です。

そんな時に遺族側に失礼のないよう、また自身もご家族も非常識と思われないように、日頃からある程度のマナーを身に着けておきましょう。

スポンサードリンク

  -   - 冠婚葬祭

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
人気記事一覧
最近のコメント
カテゴリー
メタ情報