UA-83973808-1

まいにちけんさく

日々ためになる情報を

ホーム » 冬イベント » 恵方巻きに合わせるおかずレシピ簡単茶わん蒸しとお吸い物つまみを紹介

恵方巻きに合わせるおかずレシピ簡単茶わん蒸しとお吸い物つまみを紹介

目安時間約 6分

いつからか、節分に恵方巻きを食べる習慣も随分定着しましたね。

毎年かなりの太巻きをスーパーやコンビニで売っています。

恵方巻きは買って来るとして、それだけではさみしいですよね。

夕食に恵方巻きを食べるとしたら、それ以外の副菜はどうしますか?

やはりお吸い物や茶わん蒸しなどが思いつきますよね。

また、お酒をのむご主人には、ちょっと気の利いたおつまみが嬉しいでしょう。

恵方巻きに合わせるおかずとお吸い物、茶わん蒸しの簡単レシピや

お酒にあうつまみを紹介します。

スポンサードリンク
  

恵方巻きに合わせるおかずレシピ

節分に食べるといわれる食材に「イワシ」があります。

「イワシ」は漢字で書くと「鰯」です。魚へんに弱。

またイワシの語源は「卑し(いやし)」とも言い、臭いもあります。

卑しいイワシを食べて「魔除け」をするのです。

魔除けには臭いと煙も有効ですので、イワシは焼いて食べます。

丸干しを焼いて、頭から食べると良いとされています。

では、それ以外のおかずでは、どんなものが合うでしょうか?

・お浸し:菜の花などが季節感もあって色合いも綺麗です。

・野菜と鶏肉の煮物:鶏もも肉と人参、大根、こんにゃくを用意して筑前煮風にアレンジします。

・大根と豚バラ肉の炒め物:生姜の千切りと大根の拍子切りに豚バラ肉を炒めて白だしで味付けします。

・てんぷら:野菜を中心に、玉ねぎ・人参・桜エビのかき揚げなどです。

恵方巻きに合わせる簡単茶わん蒸しとお吸い物

恵方巻きですから、お吸い物と茶わん蒸しはマストでしょうね。

お吸い物のおすすめをいくつかご紹介します。

・ハマグリのお吸い物:春を先取りですね。

・タケノコとわかめのお吸い物:彩りもきれいです。

・アサリときぬさやのお吸い物:旨みがぎっしりです。

・練り物入りお吸い物:食べ応えありです。

・もずくと豆腐のお吸い物:あっさりしてとろみも楽しめます。

・大根と人参のお吸い物:煮物に使った野菜を使えます。

数種類挙げてみましたが、要するにお味噌汁と同じで、何でも合わせられるのが魅力ですね。

では、次に茶わん蒸しです。

スポンサードリンク

茶わん蒸しの具は、シイタケ・かまぼこ・三つ葉・鶏肉・みつ葉 などなど

他にもいろいろとお好きな食材を入れてOKです。

蒸し器を使わずに、いかに楽ちんに作ることが出来るか?

やはり電子レンジを利用したいですよね。しかし、電子レンジをしようすると、「ス」が入って

しまうといいます。ワット数が高すぎるのが原因です。

これを解消する方法をご紹介します。

≪マグカップと電子レンジで簡単茶わん蒸し≫

マグカップに卵1個を割り入れ、簡単に箸でときます。

水100mlとめんつゆ大さじ2 を入れて混ぜます。

お好みの具材を入れます。

ラップをして電子レンジ150Wで10分加熱します。

様子を見ながら15~30秒づつ時間を追加します。

出来上がり!

簡単ですよね。マグカップで、ちょっと小腹が減った時でも作れちゃいます。

恵方巻きに合わせるつまみ

まずはお酒好きお父さんに合わせた超絶簡単!なレシピを紹介します。

・モヤシのナムル:モヤシをお好みの硬さにレンジでチンして、ビニール袋に

ごま油と塩コショウをして空気を入れてフリフリします。

・ぎんなん:そろそろ美味しい季節です。ペンチでぎんなんの殻に少しだけ

切れ目を入れて、たくさんの粗塩と一緒にフライパンで炒ります。

次は冬の季節にあうおつまみレシピです。

・れんこんとじゃこの炒め物:レンコンを油で炒め、色が変わってからじゃこを入れます。

全体にポン酢とゆず胡椒の合わせた物を振りいれて完成です。

・白菜とツナの蒸し物:テフロンフライパンに白菜のざく切りとツナ缶を汁ごと入れ中火で放置。

その後弱火にして顆粒だしを入れ、3~5分。ポン酢を入れて火を止めます。

・洋風にカキのオイル漬け:加熱用のカキの水分を拭きます。

鷹の爪とニンニク入りのオリーブオイルに入れて弱火にかけます。

香りがしてきたらオイルの鍋にカキを入れて5分ほど煮て完成です。

冷やしても美味しいです。

まとめ

いかがでしたか?

恵方巻きに合わせて、家族が喜ぶ副菜やおつまみを

作りたいですね。

恵方巻きを食べる時は無言ですが、その後はワイワイ楽しい食卓に

なると嬉しいですね。

スポンサードリンク

  -   - 冬イベント

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
人気記事一覧
最近のコメント
カテゴリー
メタ情報