UA-83973808-1

まいにちけんさく

日々ためになる情報を

ホーム » 冬イベント » 小学生の友チョコ手作りするべき?ラッピングや予算は?

小学生の友チョコ手作りするべき?ラッピングや予算は?

目安時間約 6分

「友チョコ」

ここ数年で一般的に聞くようになりましたね。

どうも10年位前からだそうです。

バレンタインデーの時期は、期間限定で珍しいチョコや、有名なお店がデパートなどに出店することから、女性同士でも交換するという習慣が出来たのですね。

美味しいチョコというのは、どちらかというと男性にあげるより、価値がわかってくれる女性同士で交換したほうが、お互いに嬉しいですからね

さて、そんな「友チョコ」の習慣が、最近では低年齢化しています。

高校生、中学生ばかりか小学生にまで広がっているようです。

大人から広まったイベントも、最近は低年齢化していますね。

ただし、小学生の交換となると、やはりお母さんが手伝う必要がありますので、どういった物をあげるのか迷いますよね。

今回は「友チョコ」を渡す小学生に合わせたラッピングや予算などを紹介していきます。

スポンサードリンク

小学生の友チョコ 手作りするべき?

小学校でも「友チョコ」がかなり浸透していて、学校に持ってくるのはNGという所も多いですよね。もちろん学校に持っていくのはいけません。

しかし、学校がNGだからといって、女の子同士の友達付き合いも大事ですから、同じグループで「友チョコ」を始めると、やはり子供の世界にも付き合いはあります。

あまり大人数になるのは問題ですが、4~5人の友達と交換するくらいであれば、問題ないでしょう。

ではチョコレートは手作りするべきなのでしょうか?

小学生の「友チョコ」では、お家で手作りをする場合も多いです。

といっても、1人で全部できる子は少ないですから、買い物から洗い物まで含めてどうしてもお母さんが手伝ってあげる必要がありますよね。

手作りといっても、普段からカップケーキやクッキーを作っているご家庭ならばともかく、最近はフルタイムで働くお母さんが多いですから、なかなか自宅でお菓子を作ることもないと思います。

もちろん、手作りのチョコレートといっても、板チョコを湯せんで溶いて、アルミカップに入れて、ナッツなどのトッピングを飾るくらいで良いと思います。

小学生の手作りですし、あまり手をかけて作りすぎても、  お友達のお母さんにも気を使わせますからね。

しかし、手作りも注意が必要です。

この時期は冬場なので、それほど神経質になる必要はないと思いますが、チョコが原因で体調を崩したなどトラブルに発展する場合があるのです。

ただでさえインフルエンザなど流行りやすい時期ですし、衛生面には気を使わなければいけません。

お母さんだけでなく、子どもも体調が悪いような時は、無理せず市販のものにするか、ホワイトデーにお返しを渡すようにしても良いでしょう。

スポンサードリンク

小学生の友チョコ ラッピングは?

「友チョコ」最大のポイントはラッピングですね。

最近は100均ショップでもかわいいラッピング用の商品が出ていますので、おすすめです。

アンティーク調のクラフトバックや、ホワイト系もラッピング袋は、英字のロゴが入っていたりして、ちょっと大人っぽいですが、女の子同士にはかわいくておすすめです。

薄いフレンチ柄のラッピングペーパーは小さく切って、小分けにしたチョコを飴のように両端を絞ってつつむのに便利です。

rap2

またラッピングペーパーはいろいろなロゴがありますので、透明なフィルムの袋の片側に同じ大きさに切ったペーパーを入れれば、それだけでおしゃれな小分け袋になります。

小学生の友チョコ 予算は?

友チョコにどれくらい予算をかけるのか?ここが悩みですよね。

手作りするにしても、材料費やラッピング代などで結構お金がかかるのです。

子どもが言い出したのなら、お年玉やお小遣いの範囲でやらせるのが良いでしょう。

自分がやりたいと言い出したのであれば、自分のできる範囲でやらせることが重要です。

大体1人分で300円くらいで収めたいところですね。

そして、あえて手作りを考えていないのなら、おすすめが通販です。

最近はなんでも通販で購入出来ますが、そのなかでもチョコやケーキの「訳アリ」というものがあります。

たまにデパートの催事場でセールをやったりしていますよね。

「訳あり」というのは、市販用のケーキやチョコレートの切れ端などのことです。

ケーキやチョコレートは、必ずこういう端の部分や、形の悪いものが出ますので、そういった物をある程度の量300g~400gで販売しているのです。

楽天やAmazonで、いろいろなショップが出ていますので、送料無料なものを選べば、量は多いですが1つあたりの料金は格安ですよ。

たくさん購入しても、自分の家族用のおやつとして食べられます。

こういった「訳アリ」のチョコレートなどを、先程の100均のラッピングに包めば、数が増えても対応出来ますし、予算も抑えられますよ。

まとめ

いかがでしたか?

子供たちの世界にも、大人と同じようにいろいろなイベントが浸透しています。

やるやらないはご家庭の方針もあるでしょう。

子ども達の友達付き合いの中でやるということになったら、小学生のうちはいろいろと助けてあげる必要があるかもしれません。

出来るだけ子どもに任せて、相談された時は、いつでも助けてあげられると良いですよね。

スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
人気記事一覧
最近のコメント
カテゴリー
メタ情報