UA-83973808-1

まいにちけんさく

日々ためになる情報を

ホーム » 生活の知恵袋 » 引越しの見積もり比較について 時間帯と気をつけること

引越しの見積もり比較について 時間帯と気をつけること

目安時間約 5分

引越しは、単身から家族の引越しまでさまざまですね。

引越しをすると決めたら、まずは自分達でするのか業者に頼むのか迷います。

単身だったり、比較的近距離の場合、ご自身の車で何往復もすればそれで済む場合もあります。

しかし、冷蔵庫や洗濯機、エアコンなど、専門的な技術が必要な物は結構大変です。

階段を上るだけでなく、普通に平地を運ぶのも素人では故障の心配があるからです。

また知り合いや友人に頼むというのも、考えものです。親しい友人であれば尚更、何か不具合があった時に言えないですし、お礼も高くつきます。

小物や衣類は自分で運んで、冷蔵庫や洗濯機を業者に頼むと考える人もいますよね。しかし大きい物を頼むのであれば、全部運んでもらったほうが良いです。

なぜなら引越し業者は○○トンといった、トラックに積み込める量と人員で料金を出すからです。

では引越しの見積もりについて注意点をまとめました。

スポンサードリンク
  

引越しの見積もり 比較について

昨今は、なんでも定価で購入する時代で、あまり値切るという行為を日本人はしないですよね。

しかしそんなご時世でも、素人が当たり前のように値切るのが、引越し業界です。

いまは引越し業者の一括見積サイトも出ています。

引越しをすると決めたら、先ずは一括見積をしてみます。

そしてその中から3業者程を選んで、実際に訪問してもらいます

この時に、CMでやっているような大手業者と地元密着型の小さい所も検討しましょう。

大手はどこも競争なので、契約するまでは対応が良いのですが、作業員はそれぞれです。

逆に地域密着型の業者は、口コミが命ですので、そういう意味では対応も含めて安心です。

訪問してもらうのは1社づつ30分位時間を空けて行います。

業者によっては時間を守らなかったり、無理に契約を進めるところもありますので、そういう対応が苦手な人は、なるべく信頼できる人に立ち会ってもらいましょう。

また人によっては、女性を見下すようなところもあるようです。彼氏など男性がいると良いかもしれません。

スポンサードリンク

価格の交渉ですが、最初の見積もり額から半額近くまで下がることもありますので、交渉は必須です。

○○社は○○円位だった。と言えば、だいたい安くしてくれます。

もちろん安くなれば良いというわけでもありませんので、ある程度値切ったら、後はサービスで比較しましょう

引越しの見積もり 時間帯

よく言われるのは、年度末の3月4月は繁忙期で高い。

9月も移動時期で高い。連休や月末月初は高い。

午前便は人気なので高い。

まあどれもだいたい当たっています。

もし平日に休みがとれるのなら、平日の午後便は値切る価値があります

しかし、午後便は、午前の引越しの時間に左右されますので、遅くなることもあります

もし翌日に休みを取っていて、片づけが出来るのなら良いですが、翌日は仕事というのであれば午後便は厳しいでしょう。

先ずは自分の予定や片づけられるかなど、その他の予定と絡めて考えることが重要です。

引越しの見積もり 気を付けること

訪問の見積もり時には部屋を片付けましょう

荷物が片付いていないと、どれだけの物があるのか、さすがにプロでも把握できません。

また捨てるものがある程度決まっている場合は、早めに処分するか申告しておきましょう。

実際に見積もりが出たら・・・

・スタッフの人数と何トントラックなのか?

・業者スタッフは何をどこまでやるのか?

・オプションサービスはあるか?

・家具や部屋の壁を傷つけた場合は?

・キャンセル料は?

等々、上記に挙げた点と、自分で気になる点を遠慮なく質問して確認しましょう。

まとめ

いかがでしたか?

引越しは、比較的短期間で様々な手続きをしなければならず、それほど慣れている人も少ないですので、つねに手探り状態ですよね。

業者さんはプロですので、何でも聞いてみることは重要です。

値段も大事ですが、それだけではない他のポイントもしっかりと確認して、気持ちよく引越しをしましょう。

スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
人気記事一覧
最近のコメント
カテゴリー
メタ情報