UA-83973808-1

まいにちけんさく

日々ためになる情報を

ホーム » 健康管理 » マットレスのブランド別メリットデメリットの比較

マットレスのブランド別メリットデメリットの比較

目安時間約 6分

睡眠が重要というのはよく言われますよね。

1日24時間のうち大体6~7時間睡眠としても1日の1/4~1/3は寝ているわけです。

1日6時間睡眠が365日で、1年で8,760時間中、2,190時間も寝ているのです。

それだけの時間、身体をあずけるマットレスはとても重要なのです。

ここ最近は有名スポーツ選手など宣伝にも力をいれているマットレスが増えましたよね。一流スポーツ選手だけでなく、一般にも寝ている時の姿勢は重要ということです。

そんな近頃話題の薄型マットレスと実際に寝てみた感想をご紹介します。

スポンサードリンク

TEMPUR テンピュール

低反発のマットレスが有名です。

スウェーデンのブランドですが、もともとはアメリカのNASAが開発した素材です。

横になった瞬間から身体全体を受け止めてくれるイメージです。

やはり低反発のマットレスらしい深く沈み込む感じはあります。

私は、ここの枕を使用していますが、一度使用すると他の枕では寝たくなくなります。

よく旅行先にまで枕を持参する人がいると言いますが、そこまで大げさな話しあるのかな?と以前は思っていました。

しかし、テンピュールの枕を使ってみたところ、そういう人達の気持ちがわかりました。(笑)

首も疲れないし、とにかく安眠出来るのです。

さて、身体に合わせて沈み込み、その人の体形ごとに眠りやすく変形する低反発マットですが、その分暑いです。

身体を包み込む感覚のため、夏場は少し暑く感じます。

airweave エアウィーヴ

薄型マットレスの世界に革命を起こしたメーカーです。

フィギュアスケートの浅田真央さん、歌舞伎の坂東玉三郎さんで有名ですね。JALのファーストクラスにも採用されています。

浅田真央さんが遠征先から帰国した際に、このエアウィーヴのマットレスを荷物の上にのせている映像はあまりにも有名です。

あの映像だけでどれだけの宣伝効果なんだろう???と思いますが。(笑)

元は愛知県の化学機械メーカーが使っていた樹脂の素材が原点です。現在の社長がこの素材に目を付けてマットレスとして商品化しました。

下請けメーカーが独自ブランドで一気に業界トップに立った例ですね。

今では石川県の高級旅館「加賀屋」をはじめ、全国のホテルや旅館で採用されています。

また薄型のポータブルタイプは、浅田真央さんだけではなく、有名スポーツ選手にも幅広く愛用されています。

さてこのエアウィーヴですが、一般の人が使用すると「硬さ」を感じます。

スポンサードリンク

一流スポーツ選手のように筋肉がついた鍛え上げられた身体への疲労回復にはとても良いのでしょう。

われわれ一般人へのメリットとしては、寝返りが打ちやすいということだと思います。

ベッドマットレスだけではなく敷布団はとても高価なものが出ています。そして高価格帯シリーズでは腰まわりのマットレス中心部は硬め、頭と足の両端は普通の硬さという1枚で場所によって変化をつけています。

そしてエアウィーヴ最大のポイントは、カバーをはずしてそのまま水洗いが出来るということです。

樹脂繊維で出来ているエアウィーヴは、丸洗いをしても劣化しません。夏場のダニやカビが気になる時期にはとても優秀です。

他のメリットとしては、硬いので身体の沈み込みが少ないため、夏は涼しいということです。ここが「テンピュール」との違いですね。

逆を言えば、冬は寒さを感じる人が相当数いるため、冬用のウォームパッドなどをセットで販売しています。

東京西川 AIRシリーズ

こちらもスポーツ選手の広告で有名です。

サッカーのキングカズはじめ、ブラジル代表のネイマール選手、米大リーグの田中将大投手、ゴルフの松山英樹選手などスポーツ選手やANAのファーストクラスでも採用されています。

東京西川は400年以上の歴史があります。AIRシリーズは2009年の発売ですが、ここまで改良をかさねたシリーズが出てきています。

今発売されているAIRシリーズの最高クラスは「AIR SI」です。

凹凸のあるウレタン素材で、身体をたくさんの点で支えています。寝返りがしやすく、身体をしっかりと支えてくれることで身体のストレスを減らします。

たくさんの点で支えるため、身体の部位によって沈み込みが変化します。何日間か続けて眠ることで、マットレスの形が身体にあってくるのです。

また通気性にも優れ、湿度をためないため、お手入れも楽です。

私自身もいろいろと検討した結果、この「AIRSI」を愛用しています。

いろいろなホテルやデパートで上の2つやその他のマットレスも試した結果、自分に一番合うと判断しました。

他のブランドと同じくポータブルや、ベッド用のマットレスもあります。

まとめ

いかがでしたか?

進化した薄型マットレスもここ数年で非常に競争が激しくなったように感じます。

どれもかなり高価格ですが、最低5年以上使用することを考えれば決して高くはありません。

睡眠が変われば、あなたの体や心のストレスが改善されるでしょう。

スポンサードリンク
  - 健康管理

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
人気記事一覧
最近のコメント
カテゴリー
メタ情報