UA-83973808-1

まいにちけんさく

日々ためになる情報を

ホーム » 生活の知恵袋 » 一人暮らしの冷蔵庫選び 自炊向けのサイズや購入方法と音などの注意点

一人暮らしの冷蔵庫選び 自炊向けのサイズや購入方法と音などの注意点

目安時間約 5分

一人暮らしで新しい生活を始めるにあたって、必要不可欠な冷蔵庫。

はたしてどれくらいの容量が必要なのか?初めて購入する場合は見当がつかないですよね。

一人暮らしを機に自炊をするのであればどれくらい自炊するのか?お弁当も作るのか?

冷蔵庫は、家電のなかでも比較的長持ちするので、購入時にはじっくり検討する必要があります。

今回は一人暮らしの方向けの冷蔵庫の選び方についてまとめました。

スポンサードリンク

一人暮らしの冷蔵庫のサイズは?

冷蔵庫を検討しているということは、引っ越す方であれば既に部屋の間取りも決まっているでしょう。

先ずは冷蔵庫を置けるスペースがどのくらいあるかが重要です。スペース的に問題なければ、冷蔵庫のサイズ選びを考えていきます。

主流は2ドアです。

100~130L

冷凍庫が上、冷蔵庫が下になっているタイプで、一人暮らしの方が検討する場合の主流ですが、このサイズですとすぐにパンパンになってしまいます。

冷凍庫が小さいのです。一人暮らしには冷凍庫がとても重要です(後ほど説明します)ので、自炊派には向かないです。

130~150L

最近の主流で、冷凍室が下にあるタイプです。冷凍室は少し大きくなります。

冷凍庫の重要性は、一人暮らしならではです。アイスクリームや冷凍食品だけでなく、ご飯を炊いた残りや朝食の食パン等々・・・

お弁当を作る人なら、休日に作り置きしたおかずやネギの刻んだものなど、冷凍庫はものすごく利用頻度が上がります。

これだけの容量ならば冷凍庫はOKでしょう。

しかし、自炊派でもかなり気合を入れて自炊される方、節約のためにほぼ外食や出来合の食材を購入しないつもりの方には冷蔵庫が小さすぎるのです。

150~200L

上のものより冷蔵庫が大きいです。ドアポケットには、卵の他、調味料や2Lのペットボトルも何本も入れられます。

キャベツや白菜、スイカなど大きな食材もそのまま収納出来ます。

200L以上

一人暮らしとはいっても、彼氏や彼女が出来て半同棲生活になってしまう・・・そんなことも多いですよね。

冷蔵庫は、大人1人増えると100Lは追加で必要です。もしあらかじめ同棲する予定があるのなら、少し大きめのサイズを選びましょう。

スポンサードリンク

一人暮らしの冷蔵庫の購入方法

最近は家電もネットで購入する人が増えましたね。いろいろなメーカーの冷蔵庫を価格やサイズで比較するのは重要です。

ただし購入を本格的に検討する段階になったら、必ず家電量販店へ行き、直接確認しましょう

サイズを前もって図っていても、いざ冷蔵庫の扉を開けてみるとイメージと違う可能性があります。

扉の収納や棚の稼働範囲など目で見て直接触ってみましょう。扉も左右の開きがありますから、自分の部屋に合うか確認しましょう。

そして一番重要なのは、高さです。電子レンジ耐久性のある物で、上に電子レンジやオーブントースターを置こうとしている場合は自分の身長と比較しましょう。

冷蔵庫の上にレンジ等を置くと、使いにくくなったりします。そういう場合は、その他のキッチン家電の置き場所も含めて再検討が必要です。

一人暮らしの冷蔵庫の音や注意点

冷蔵庫って、常に稼働してますよね。あなたが寝ている時も稼働しています。

寝ているときにどれくらいの音がするか?これが結構盲点です。

毎日24時間ず~っと稼働している冷蔵庫は、当然ながら夜中でも音がします。

コンプレッサーやファンの音ですね。これは仕方がないですが、どうしても気になるようであれば、冷蔵庫の脚に防振ゴムなどを敷くとよいです。

購入時には各メーカーの製品情報を見てみましょう。20dbより少ないメーカーは、かなり静かです

一人暮らしで1Kやワンルームの部屋は冷蔵庫の音がけっこう響き、睡眠の妨げになったりしますので注意が必要です。

まとめ

いかがでしたか?

他の家電に比べて、その人それぞれの生活スタイルで選択肢が大きく変わるのが冷蔵庫です。

耐久年数も長いですから、今後のこともよ~っく考えて購入しましょう。

スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
人気記事一覧
最近のコメント
カテゴリー
メタ情報