UA-83973808-1

まいにちけんさく

日々ためになる情報を

ホーム » 生活の知恵袋 » 防犯対策と訪問対策 女性一人暮らしで気を付けること

防犯対策と訪問対策 女性一人暮らしで気を付けること

目安時間約 6分

新社会人は親元から離れて初めて一人暮らしをする人も多いですよね。
特に女性は一人暮らしの防犯対策は重要です。各種勧誘や届け物の訪問も気を付けましょう。

オートロックのマンションであっても油断はできません。共連れで入れますからね。実際にオートロックの女性専用マンションに、新聞の勧誘にくる怪しいおじさんもいました。

女性が一人暮らしする際に気をつける防犯対策・訪問対策についてまとめました。

スポンサードリンク
  

防犯対策

まず賃貸物件でマンションの場合は、2階以上が絶対条件です。1階は家賃が安かったりと魅力的に感じるかもしれませんが、女性は1階は止めましょう。

出来ればオートロックが良いですが、オートロックではない場合は、玄関の扉やエレベーターは、周りのビルや住宅から見えるマンションを選びましょう。

周りから見えるということは、それだけピッキングの被害やベランダからの侵入を防ぎます。

静かな住宅街よりも、すこし賑やかな夜でも人通りのある場所がおすすめです。

玄関のドアに鍵をかける、チェーンをする。窓を開けたまま寝ない。これは基本中の基本ですね。

それ以外にいくつか注意点を紹介します。

洗濯もの

一番スタンダードなところですね。外から見えるベランダには下着類は干さない。普通の洗濯物も室内干しにしている人もいますね。

室内干しにする場合は、生乾き防止のために脱水を2回しましょう。乾きが早いですよ。

男性物の下着やシャツなどもお父さんに借りて干しておきましょう。

カーテン

防犯面、安眠性からも一級遮光カーテンが良いです。落ち着いた色でレースカーテンもかわいすぎない物を。外から女性の部屋とすぐに分かってしまいます。

外出時はカーテンを閉めておいた方が良いですが、風通しや採光のために開けておきたい場合もあると思います。

注意点として、帰宅したら電気をつける前にカーテンを閉めましょう。外が暗い時間帯に部屋の電気をつけると中が丸見えです。
またマンションに入るのを見られていた場合、どの部屋の住人かバレてしまいます。

帰宅時

帰宅時に玄関のドアを開けて部屋の中に入る瞬間に、知らない人が押し込んでくる可能性もあります。部屋に入る時は後ろを振り返りましょう

そして開けた扉はすぐに閉めましょう。

表札

集合ポストには苗字だけの表札を付けます。玄関の表札は、部屋番号が書いてあれば苗字も不要です。苗字だけでも個人情報ですから必要以上に表に出さないようにしましょう。

ゴミ

ゴミは、マンション共有のゴミ捨て場に捨てる場合やマンション前の道路に捨てる場合とさまざまですよね。

どちらにしても、各種明細書や請求書など名前の分かるものや女性のゴミと分かるようなものは見えないように捨てましょう。

半透明のゴミ袋には新聞紙を中に敷き詰めて外から見えないようにします。新聞紙は赤外線も通さないので、カラスの被害も防げますよ。

新聞受け

扉の新聞受けから直接部屋の中が見える構造の場合は、ガムテープなどで塞ぎましょう。

スポンサードリンク

訪問対策

普通に仕事をしている方はあまり遭遇しないかもしれませんが、平日の昼間にはさまざまな勧誘があります。

インターフォンで部屋の中からモニターが見えれば良いですが、ドアスコープから見る場合は、外の人間からも中の明かりなど見えますので気を付けましょう。

通販などの荷物は、あらかじめ時間指定にしておき、いつ来るかメモしておきましょう。それ以外は基本的には出ないようにしましょう。

内容証明郵便や書留など、自分が知らないうちにサインが必要な書類が届いた時も、再配達でも大丈夫です。

それでも玄関を開けてしまった場合・・・

宗教の勧誘であれば、初めから断りましょう。少しでも話を聞いてしまうと興味があると思われます。

新聞の勧誘は、新聞の情報はネットで見ていると言いましょう。「他の新聞を取っている」というと、契約はいつまで?など乗りかえを勧められます。

実際に「一週間だけのお試し」といって、無料ではじめておいてそのまま配達を続けて既成事実にして契約させる人もいますから気を付けましょう。

また表札に「マーキング」といって、記号やアルファベットを書かれる場合がありますので、気が付いた時にはすぐに消しましょう。
これはプロの間では暗号になっていて、どういう勧誘を受けたか断ったかを判断するものです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

女性の一人暮らしは、さまざまな注意点が必要です。

防犯対策もやり過ぎて日常生活に支障が出てはダメですが、常に防犯の意識を持つことは重要です。

気を付けようという意識があるだけで、日頃の生活習慣が変わり、不審者を寄せつけないようになるでしょう。

スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
人気記事一覧
最近のコメント
カテゴリー
メタ情報