UA-83973808-1

まいにちけんさく

日々ためになる情報を

ホーム » 春イベント » 小学校の入学準備で文房具は何を揃える?鉛筆の濃さや名前入れについて

小学校の入学準備で文房具は何を揃える?鉛筆の濃さや名前入れについて

目安時間約 5分

小学校の入学準備はいろいろと揃えるものが多いですよね。

入学前に前もって購入される親御さんもみえますが、小学校には入学前説明会がありますので、揃えるのはその後にしましょう。

地域にもよりますが、文具などは細かい指示がある学校もありますので、指定ではない物を購入してしまうと無駄になってしまいますし、連絡帳や自由帳など最初の1冊は学校支給のところもあります。

さて今回は入学準備でも文房具について紹介します。

スポンサードリンク
  

小学校の入学準備で文房具は何を揃える?

≪筆箱≫

1年生は両開きのマグネット式が良いです。片側には鉛筆や消しゴム。反対側には定規や三角定規が入ります。

布製より使いやすいですし、缶製のように落としてもうるさくありません。

もし学校から厳しい禁止事項がなければ、お子さんの希望のキャラクターものでも良いでしょう。

≪鉛筆≫

やはり低学年は鉛筆になります。濃さは次の章でご紹介します。

≪赤鉛筆≫

赤と青が2色に半分になっているものではなく、赤一色を1本用意しましょう。

≪鉛筆キャップ≫

削った鉛筆が折れないように、シンプルなものを用意しましょう。

≪消しゴム≫

お子さんの手にちょうど良い大きさのもので、弱い力でも消しやすい物が売っています。消しカスがまとまるものにしましょう。

≪下敷き≫

使う鉛筆の濃さによってタイプが分かれたりしますが、先ずはスタンダードなA4サイズの無地を揃えましょう。

B5のノートもありますが、大は小を兼ねるです。

≪定規≫

筆箱に入るサイズの16cm程度の定規にしましょう。

≪ハサミ≫

お子さんの利き手に合ったものを。幼稚園や保育園から使っているものがあれば、そのまま利用できます。

≪鉛筆削り≫

念のためお子さんが自分で削れるサイズの物を用意しましょう。削りかすがまとめて捨てられるものが良いです。

≪お名前マッキー≫

油性ペンです。細字と太字の両方ついたタイプです。学校でお子さん自身が記名するのに必要です。

その他以下のお道具箱に入るものや、お道具箱そのものは学校の指示が多いです

≪のり≫

水のりを指定される学校もあります。

≪色鉛筆・クレパス≫

色鉛筆は12色、クレパスは16色が主流ですが、学校で支持があってから揃えたほうが良いでしょう。

小学校の入学準備で鉛筆の濃さは?

一般的には2Bか4Bが多いですね。低学年は筆圧が強めなので、間違えて消す時に消しやすいのです。

だんだん上級学年になるにつれてBやHBに以降していきます。

鉛筆の濃さについてもほとんどの学校で支持がありますよ。

また鉛筆の形状ですが、丸型・三角形・六角形がありますが、六角形がおすすめです。子供でも握りやすくて転がりにくいです。

小学校の入学準備で鉛筆の名前入れは?

一番大変な作業ですね。幼稚園や保育園でもかなりたくさんの名前を書いたと思いますが小学校入学時でも同じ作業が必要です。

小学校ではクラスメイトが拾っても分かるように、入学時点では「ひらがな」のフルネームで記入しましょう。

簡単な漢字が書けるお子さんもいれば、簡単な漢字の名前だから大丈夫。と思われるかもしれませんが、基本的には漢字は小学校で習うものです。

先生や学校の方針として、習っていない漢字では書かないというルールがある可能性もあります。

といっても、六角形の鉛筆1ダース12本は結構大変ですよね。しょっちゅう握るものなので油性で書いても消えてしまいます。

そこで、鉛筆の名前入れサービスというものがあります。最近は通販でも名前入れ無料サービスをやっていますので利用をおすすめします。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

入学準備もさまざまありますが、まずは基本として文房具を一式揃えて、新一年生として素敵な小学校生活をスタートさせたいですね。

スポンサードリンク

  -   - 春イベント

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
人気記事一覧
最近のコメント
カテゴリー
メタ情報