UA-83973808-1

まいにちけんさく

日々ためになる情報を

ホーム » お出かけ » 新幹線の予約はいつから出来る?切符の購入場所と買い方について

新幹線の予約はいつから出来る?切符の購入場所と買い方について

目安時間約 6分

行楽シーズンや年末年始、お盆の時期など、車を利用しない人にとって新幹線を利用する機会は多いですね。

最近はなんでもネットから予約・購入出来る時代になりました。

飛行機はネットで予約からクレジットカード決済、eチケットの発行やモバイルチケットなど、ネットで全て完了してしまいます。

しかし、意外と皆さん知らないのが新幹線の切符購入です。新幹線は、飛行機のように「チケットの予約」というような表現はしません。

あくまでも普通の電車と同じく「切符の購入」です。今回は新幹線の切符の購入方法についてご紹介します。

スポンサードリンク

新幹線の予約はいつから?

新幹線は基本的に「予約」という概念はありません。

新幹線の切符は「発売日」で考えます。

新幹線の切符は、1ヶ月前の午前10時からです。

例えば5月3日の切符の発売開始は、4月3日の午前10時からです。
列車に乗る日を基準にすると、前月の同じ日ということですね。

ちなみに1ヶ月前に同じ日がない場合は、当月の1日が発売開始日になります。
7月31日乗車分は、7月1日からという感じです。

因みにネットを利用する場合は以下の方法がありますが、それぞれ手間がかかりますのでおススメ出来ません。

「えきねっと」というJR東日本のサイトからクレジットカードで予約することは出来ますが、東日本だけですし、ログイン登録やカード登録などかなり面倒です。
たまに利用するレベルの方には向きません。

またJR東海では「EXPRESSカード」や「EX-IC」などの予約システムもありますが、年会費有料のクレジットカードを作る必要があったり面倒です。
これも、よほど新幹線を通勤や出張で頻繁に利用するビジネスマン以外はコストと手間がかかりすぎます。

新幹線の切符発売は、旅行会社でも、一般の人がみどりの窓口で購入する場合でも、1ヶ月前からの発売です。

旅行会社で数か月前にツアーの予約を入れていたとしても、実際に旅行会社が新幹線の切符を購入するのは、発売日の1ヶ月前です。

ですので、条件は同じです。

新幹線の切符はどこで購入する?

切符の購入は、JRの「みどりの窓口」がある駅で購入します。それほど大きい駅でなくても、新幹線の切符は購入出来ますよ。

また「みどりの窓口」がなくても自動券売機で購入出来ますので、お近くのJRの駅にあるか確認してみましょう。

また、年末年始やお盆など混み合う時期でなければ、当日でも空きはあります。実際、新幹線は毎日かなりの本数が運行しているからです。

ネットから新幹線の時刻表を見てみてください。これだけの本数で座席が埋まってしまう可能性はかなり低いです。

3人でどうしても横並びで座席をおさえたい、といった場合は別ですが、1人や2人であれば当日でも大丈夫です。

実際に新幹線に乗る駅で購入しましょう。

スポンサードリンク

新幹線の切符の買い方は?

では駅で購入する場合の買い方をご紹介します。

≪みどりの窓口≫
先程から度々出てきましたね。大きな駅であれば、みどりの窓口は何人ものJR職員がいます。
朝や夕方は、当日移動の切符を購入するひとで混み合っていますので、なるべく空いている列を選びましょう。

窓口の職員さんは、ものすごい勢いでキーボードを打って発券作業をしてるので、初めてですと緊張するかもしれませんが、大丈夫です!

自分の番になったら、口頭で以下を伝えます。

・希望日:乗車日なら当日ですね

・乗車駅と降車駅

・往復にするか?:帰りの時間がよめない時は、無理に購入する必要はありません。

・乗車券と特急券:乗車券は、例えば「東京駅」で新幹線を降りても、JR線(山手線など)であればそのまま追加で切符を購入せずに目的地(東京23区)まで行くことが出来ます。
 特急券は、指定席代と勘違いされている方もいますが、自由席でもかかります。

・時間帯:あらかじめ希望の時間があれば伝えましょう。時刻表を見ておくとスムーズですよ。

・人数

・禁煙:最近の「のぞみ」は、ほぼ禁煙のみです。

・座席指定:通路側か窓側

以上が基本的な指定席を購入する方法です。

自由席の場合は、時間も列車(のぞみ○○号など)の指定も必要ありません。乗車券と特急券があれば、その区間(例:東京⇔名古屋)のどの新幹線でも乗車出来ます。

みどりの窓口ですと、時間などを記入する紙が置いてありますが、時間がかかりますので書く必要はありません。直接窓口で口頭で購入しましょう。

≪自動券売機≫
上記で紹介した「みどりの窓口」の購入方法と同じです。自動券売機でも同じように希望とおりタッチパネルを選べば購入出来ます。

もちろんクレジットカードでの購入も可能ですし、領収証発行を選択すれば発行出来ます。

ただし混み合う時間帯は、サラリーマンなど慣れた人が後ろに並ばれるとプレッシャーに感じる人も多いですよね。

そんな時は、無理をせず近くの職員さんに声をかけてみましょう。親切に教えてくれます。

または「みどりの窓口」でサクッと購入するのも良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

新幹線の切符の購入は、意外とご自身で購入されたことが無い方も多いです。

一度慣れてしまえば、次からはもう大丈夫です。

切符さえスムーズに購入出来れば、ストレスなく新幹線で快適な移動が出来ますね。

スポンサードリンク

  -   - お出かけ

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
人気記事一覧
最近のコメント
カテゴリー
メタ情報