UA-83973808-1

まいにちけんさく

日々ためになる情報を

ホーム » 冠婚葬祭 » 結婚式の受付担当の挨拶は?お金の管理の注意点と女性の服装について

結婚式の受付担当の挨拶は?お金の管理の注意点と女性の服装について

目安時間約 6分

結婚式の受付は、新郎新婦の友人が頼まれることがほとんどです。

さて、いざあなたが頼まれた場合、初めてですと心配になりますよね。

受付は新郎新婦の代わりにお客様を迎え、何百万にもなるご祝儀をお預かりする重要な役目なのです。

では、両家のご家族にとって素晴らしい挙式・披露宴になるために、受付担当になった場合のポイントをご紹介します。

スポンサードリンク

結婚式の受付担当の挨拶は?

「挨拶」基本ですが、自分が受付担当側ですと迷いますよね。

1「おめでとうございます」、2「ありがとうございます」

これ、受付担当はどちらが正しいと思いますか?

正解は 2「ありがとうございます」です。

受付担当は、親族側の立場で挨拶します。

「本日はありがとうございます」
「本日はお忙しい中、ありがとうございます」

ゲストがみえたら立ち上がってお辞儀をします。

祝福の言葉をいただいたら、上記のようにお礼を言いましょう。

とにかく大事なのは「笑顔」ですよ。

記帳をお願いする時は
「恐れ入りますがご記帳をおねがいいたします」

御祝儀袋をわたされたら
「ありがとうございます、お預かりします」
と言ってお盆にのせて保管します。

基本的な流れや注意点は、式場のスタッフさんに聞いておきましょう。

その他の注意点は・・・

受付担当の集合時間は早めです。あらかじめ支持されていない場合は、最低でも30分は早く到着しましょう。

ご両家へ挨拶をして、芳名帳、筆、ご祝儀をのせる盆、招待者名簿などを確認します。

お車代を渡す人はチェックして渡し忘れないように気を付けます。

ご招待客に聞かれたらすぐにご案内出来るように、トイレやクロークの場所を把握しておきましょう。

そして一番大事なのが「ご祝儀の管理」です。

結婚式の受付でのお金の管理の注意点

受付で一番重要なのは、なんといっても「お金の管理」ですよね。

おそらく昨今の銀行以外で、これほど生の現金を管理する機会はないのではないでしょうか?

何百万のお金が集まっているにもかかわらず、未だに金庫もない会場が多いのです。

御祝儀の管理は、受付担当の最大の重要事項です。

・保管場所
・親族の誰に最後に渡すのか?

と~っても重要ですよ。親族の誰か?前もってご挨拶の時に顔を確認しましょう。

この確認が出来ていないと、
「おつかれさま~。受付大変でしょう。新郎側の○○だけど、ここは見ておくから休憩しておいで」
「ごくろうさま~。疲れたでしょ。ここは見ておくから、これで飲み物でも買ってちょっと休憩してて」と言ってお金を出す。
「親族の○○だけど、祝儀を受け取る○○が来れないから、新婦のお母さんに頼まれた。私が預かります」
「本日の○○家担当のプランナーです。○○さんから頼まれましたので、私が預かります」といってもっともらしく偽の名刺を出す。

等々・・・あげればキリがありませんが、実際に祝儀泥棒は存在します。

結婚式が多くなる時期の大安の土日などは、1つの式場で3~4組、ホテルなら10組近い結婚披露宴があります。

その中で親族やカメラマンに成りすまして会場に潜り込むのは、祝儀泥棒には簡単な事です。

絶対にあらかじめ挨拶した人以外にはお金を渡さないように注意しましょう。

トイレに行くときも、他の受付担当と順番に。

新郎新婦でそれぞれ2人づつ4名で担当するはずですので、受付には2人以上は必ず立っているようにします。

お金を預かるのは、ご友人の信頼の証ですから、しっかり管理しましょう。

スポンサードリンク

結婚式の受付での女性の服装について

受付担当は振袖で。と、一昔前は良く言われましたが、今はそうでもないようです。

ドレスの方も多いですね。

ただし黒っぽい服装ですと、男性のスーツと色合いが被って暗くなってしましますので、なるべく明るい色を選びます。

例えば新婦側の友人が女性2人で受付する場合・・・

やはりバランスは重要ですので、あらかじめ話し合ったほうが良いでしょう。

以上の色合いとバランスを踏まえたうえで、受付の女性のポイントは、

・胸元が見えにくいもの
お辞儀をしたときに、下品に見えないように。

・羽織るものはストールではなくボレロで
ストールはひらひらと落ちやすいので、お辞儀の邪魔です。

・肩を出さないドレス
昼の挙式・披露宴では列席者も同じですね。

まとめ

いかがでしたか?

ご友人にとって大事な日の受付をあなたに頼まれたのは、信頼の証ですよね。

受付は新郎新婦の交友関係の代表みたいなポジションです。主賓のゲストにも失礼のないように、きちんとした服装とマナーで対応しましょう。

スポンサードリンク

  -   - 冠婚葬祭

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
人気記事一覧
最近のコメント
カテゴリー
メタ情報