UA-83973808-1

まいにちけんさく

日々ためになる情報を

ホーム » 生活の知恵袋 » 夏野菜のレシピで簡単に出来るトマトを使った料理と食べ方と保存は?

夏野菜のレシピで簡単に出来るトマトを使った料理と食べ方と保存は?

目安時間約 4分

夏はどうしても食べやすいそうめんなどの料理になりがちですよね。

それに台所に立つのも暑いし、火を使いたくない。

そんな夏におすすめの夏野菜をつかった簡単トマトレシピを紹介します。

スポンサードリンク

夏野菜のレシピで簡単に出来るものは?

ずばりおすすめ料理を紹介します。

それは「ラタトゥイユ」です!

聞いたことあるかもしれませんね。

フランスやイタリアではトマトを使った料理として有名ですね。

そのまま食べてもお肉の付け合わせにしても美味しく食べられます。

そして温めても冷製にしても美味しいです。

ではそんなラタトゥイユの一般的なレシピにオリジナルを加えて紹介します。

夏野菜のトマトを使ったおすすめレシピ

さてそれではオリジナルラタトゥイユの作り方です。

だいたい2~3人分です。

≪材料≫

豚ひき肉:200~300g
ズッキーニ:1~2本
ナス :2~3本
パプリカ 赤と黄色など:2個
トマト:3個
セロリ:1本
たまねぎ:小1個
にんにく(チップも可):1個
トマトホール缶:2缶
オリーブオイル

≪作り方≫

深めの鍋にオリーブオイルを入れて熱します

弱火にして薄切りにんにくを入れ香りをつけます

玉ねぎをみじん切りにして入れます

火が通ったら豚ひき肉を入れます

塩コショウをします

ズッキーニ、ナス、パプリカは縦に四等分してから1cm程度に切ります
別のフライパンで、ズッキーニ、ナス、パプリカを少し焼きます
後で煮込みますので、少し焼き色が付く程度でOKです

焼いた野菜を鍋に入れます

セロリは茎だけ5mm程度に切って鍋に入れます
葉っぱは後から加えます

少しだけ鍋の中で火を通します

トマトホール缶を全て入れます

そのまま弱火にしてぐつぐつ火を通します(だいたい15分位です)

仕上げに一口大に切った生トマトとセロリの葉っぱを切ってい入れます

オリーブオイルをさらに加えます

出来上りです!

スポンサードリンク

オリジナルラタトゥイユの食べ方・保存

豚のひき肉ではちょっと脂が気になる方は、鶏のむねひき肉でもヘルシーです。

出来上がったら、温かいままでも充分食べられますし、粗熱をとって冷やせば冷製でもOKです。

お肉の付け合わせや、冷やせばガスパチョ風にそうめんのスープにも出来ます。

一度作って冷蔵庫に入れておけば一週間は日持ちしますので、忙しい方でも作り置き出来ますよ。

まとめ

いかがでしたか?

夏は火を使うのも暑いので、料理も面倒になりがちですよね。

そんな時でも、旬の野菜を沢山食べられるようにしたいですね。

スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
人気記事一覧
最近のコメント
カテゴリー
メタ情報