UA-83973808-1

まいにちけんさく

日々ためになる情報を

ホーム » 健康管理 » 小林麻央さんの治療法は?2015年の空白期間と勧玄くん初お目見え

小林麻央さんの治療法は?2015年の空白期間と勧玄くん初お目見え

目安時間約 5分

では前回にに続いて、小林麻央さんの闘病期間とブログで最後まで明かされなかった空白期間をみていきます。

スポンサードリンク

小林麻央さんの治療法は?

乳癌にはさまざまなタイプがあります。これは実際に乳がんになった方やご家族でないとなかなかわからない部分です。

そしてそのタイプによって治療法は何通りにも分かれます。

その中で代表的なものは
・摘出手術
・科学療法(抗がん剤)
・ホルモン療法
・放射線療法
・抗HER2療法

上記は保険適用される、いわゆる標準治療といわれるものです。

そしてその治療を組み合わせたり単独で行ったり、手術の前や後にしたりと、組み合わせはたくさんあります。

治療は乳がんの病型(サブタイプ)によって患者と医師が一緒に選択をします。

病型は、女性ホルモンに反応するのか?や、HER2タンパク過剰発現の有無、増殖マーカーの値などの生物学的特性の組み合わせによって決まります。

通常の乳がんでも7タイプあります。さらに治療となると、細かい数値が必要です。

このように、医療や研究が進んだことで、乳がんのタイプはタイプが増えて治療の選択肢も増えました。

そして、乳房の温存や再建をいつするのかも含めて、ものすごい選択をしなければいけないのです。

さて麻央さんの乳がん告知は2014年の10月でした。その後、病気が公になったのが2016年の6月。

麻央さんの闘病中から、約1年~1年半の期間が注目されてきました。

麻央さんのサブタイプはわかりませんが、進行の早いがんだったといわれていますね。しかし

小林麻央さん2015年の空白期間

麻央さんが亡くなってから、この空白期間がすこし話題になりました。

空白期間は約1年~1年半です。麻央さんのブログでは告知~闘病について時系列でまとめていましたので、この期間の状況がいつ書かれるのか注目していました。

しかし、この期間の闘病は語られることがありませんでした。いまでも空白のまま伏せられています。

もちろんブログに書く書かないは個人の自由です。しかし乳がん罹患者にとっては、どんな治療をしてそうなったのか不安になります。

世界の女性100人に選ばれるなど、影響力をもつ存在だった麻央さんのブログですから、やはり書いてほしかったです。

麻央さんのブログから読み取れる空白期間は以下です。

2014年10月 乳がんの告知

2016年6月 闘病が公になる

2016年9月 アメーバブログ開始

9月にはもう髪の毛が抜けているので抗がん剤をしています。抗がん剤は約半年~9か月くらいですから、2016年には抗がん剤を開始していたでしょう。

そうするとやはり2015年の1年の空白は謎です。ホルモン治療を先にしたのか?それとも非標準治療を先にしたのか?

麻央さんはブログの中で「初めは脇のリンパ節への転移だけだった、その後、骨と肺に転移した」と書いています。

もし脇のリンパ節の転移のみの段階で手術や抗がん剤をしていれば、おそらく今も元気だったのでは?と考えます。

そしてそれが標準治療でそうなってしまったのか、それとも非標準治療をしていて転移してしまったのか。

乳がん罹患者にとって、そこを公表してほしかったと思います。

スポンサードリンク

勧玄くんの初お目見え

私が、麻央さんが空白期間に抗がん剤をしていないと確証する理由は以下です。

勧玄くんの初お目見えは2015年の11月です。海老蔵さんのブログには、この時の麻央さんが何度も登場します。

そして着物姿の麻央さんは、髪の毛をアップにしています。髪の毛をアップにするということは、自毛です。

今の乳がんの抗がん剤の種類は様々ありますが、脱毛しない抗がん剤はない。これは現役の看護師さんに聞いた話です。

同じ乳がん患者のブログでも、抗がん剤をした人は皆脱毛します。そう考えると、2015年の11月までどんな治療をしていたのか?

やはり疑問は消えません。

まとめ

小林麻央さんがどのような治療経緯をたどったのか?あれだけの影響力のあったブログです。

いろいろと話せない事情もあるかもしれませんが、世界中の乳がん罹患者のためにも、今後なんらかの形で公表してほしいとおもいました。

スポンサードリンク

  -   - 健康管理

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
人気記事一覧
最近のコメント
カテゴリー
メタ情報